便秘になったら浣腸をしてもいい?

ひどい便秘の救世主となるもの、
それはずばり『浣腸』です。

 

イチヂク浣腸などが有名ですね。

 

浣腸は宿便がたまっているときや、
苦しくて今すぐにでも出したい!というときには
大活躍するものですよね。

 

浣腸とは、『浣腸液』と言われる液体を
直接腸に注入するので、即効性かつ確実な効果が得られます。

 

だいたい浣腸液を入れてから3分から
10分後くらいに便意を催しますので、

 

自分で排便のタイミングを決められるという点は、
浣腸の最大のメリットとも言えるでしょう。

 

便秘薬のようにいつ便意が来るか分からないものではないので、
どうしても今出したい!というときにおすすめです。

 

便秘薬よりもしっかりと出るので、宿便や頑固な便秘に向いています。

 

すっきり感も得られますよ。

 

浣腸には、腸内を洗浄する効果もあるそうです。
しかし、効果が強いため妊娠中の人にはおすすめできません。

 

使いすぎると耐性がついてしまって
浣腸以外では排便出来なくなってしまうこともあるので、

 

浣腸はあくまでも『最終手段』と心得ておいてください。

 

浣腸はすっきり感が病み付きになりますが、
浣腸で排便しても一時的な解決にしかなりません。

 

浣腸に頼らなくても排便が出来るように、
運動や食生活など生活習慣の見直しをしていきましょう。

 

適度に運動をすることや、食物繊維を摂ることはとても大切です。

 

特に現代の日本において、
食生活はかなり乱れていると言わざるをえません。

 

コンビニ弁当やジャンクフードなど、食生活は欧米化しています。

 

浣腸に頼らずにスムーズな排便をするためには、
昔ながらの和食をおすすめしますよ。


便秘に効果的な「乳酸菌」「オリゴ糖」は?

口コミで人気の便秘解消サプリメントランキング!