腹痛を伴う便秘について

便秘になると、お腹が張って苦しかったり、
時には痛みを伴うこともあります。

 

ひどい人だと、動けなくてうずくまってしまうほどの
強い腹痛を伴うこともあるようです。

 

なぜ便秘になると腹痛が起こるのでしょうか。

 

便秘とは、腸に便やガスがたまっている状態です。

 

普通なら体外に排出されるべき便やガスが腸にたまっているので、
回りの臓器を圧迫してしまいます。

 

便秘による腹痛の多くは、このように臓器を圧迫するときに
生じるものだと言われています。

 

また、腹痛は他の病気の合併症によるものや、
便秘薬の副作用ということも考えられます。

 

病気の場合も便秘の場合も、重度のものほど痛みが強くなるそうなので、
あまりにも痛みがひどいときには医療機関を受診したほうが良いかと思います。

 

痛みを和らげるには、定番ですがマッサージが効果的です。

 

あたためた手でお腹を『の』の字にマッサージしてみましょう。

 

おへその回りにはツボも多いですし、マッサージをすると血行も良くなるので
腸の働きを活性化することも出来ますよ。

 

便秘による腹痛は、一般的な『痛み止めの薬』を飲んでも
あまり効果がないことが多いです。

 

痛み止めの薬は頭痛や歯痛などの脳に近い部分の
痛みを止める効果は高いですが、

 

お腹や足など脳から遠い部分の痛みにはあまり効かないことが多いです。

 

便秘による腹痛はあたためることでだいぶ楽になりますから、
ホッカイロなどを貼るのも効果的ですよ。

 

お風呂でゆっくりと温まったあと、
先ほどお話しした『のの字マッサージ』を行いましょう。

 

無理をしないで、痛みがひどくなったり
いつまでも続くようならきちんと病院へ行きましょう。


便秘に効果的な「乳酸菌」「オリゴ糖」は?

口コミで人気の便秘解消サプリメントランキング!