便秘が一週間続いたときは?今すぐ病院へ行くべき?

便秘がひどくて悩んでいる人は多いです。

 

ただでさえ辛い便秘が、もしも一週間も続いたとしたら…。

 

便秘で一週間も排便がないと、お腹はパンパンに張り、
肌は荒れて悲惨な状態になってしまいます。

 

食欲もなくなりますし、おならがものすごく臭くなるなど、
いろいろな症状をもたらしてしまいます。

 

その上、一週間も腸内に便がたまっていると、
腸内に硫化水素・アンモニア・活性酵素などの『有毒物質』が発生します。

 

この有毒物質は血液とともに体内を巡っていきます。
そのため、肌荒れや頭痛、肩凝りといったいろいろな症状が現れるのです。

 

このような有毒物質が発生すると、
なんと生活習慣病やガンになるリスクも上がるそうです。

 

これを聞いたら、便秘を放ってはおけませんよね。

 

一週間も排便がないと免疫力も落ちていくので、
風邪やインフルエンザなどにもかかりやすくなってしまいます。

 

ここまで便秘が続いてしまったら、
まずは薬の力を使ってでもたまっている便を出すことが先決です。

 

浣腸や下剤などを使って、とりあえず便秘を解消しましょう。

 

しかし、浣腸や下剤はクセになると言われているので、
あくまでも『最終手段』として使うようにしたほうが良いと思います。

 

日頃から便秘にならないように、
運動や食生活などを改善していきましょう。

 

手軽に出来るものとしては、腹筋やウォーキングなどが良いですね。
食生活では、野菜中心の和食を心がけると良いと思います。

 

どうしても野菜や食物繊維が不足しがちだという人は、
サプリメントを使ってみるのも良いですね。

 

生活習慣を気を付けて、便秘体質を卒業しましょう!


便秘に効果的な「乳酸菌」「オリゴ糖」は?

口コミで人気の便秘解消サプリメントランキング!