便秘になったら病院へ行くべき!便秘外来とは?

便秘は本人にとって、とても辛いものです。

 

お腹が張って苦しかったり、太って見えるだけでなく、
食欲がなくなったり腹痛が起きたりと、便秘は実に様々な不調をもたらします。

 

しかし、本人にとってはものすごく辛い症状であっても、
他人から見たら『たかが便秘』と思われてしまうのも、
便秘の辛いところでもありますよね。

 

実際、便秘で病院へ行くという人は
あまりいないのではないでしょうか。

 

そんな便秘ですが、病院へ行った方が良い場合もあります。
それは、こんなときです。

 

・急に便秘になった
・お腹にしこりがある
・吐き気や発熱を伴う
・白や黒色の便が出た
・便に血液や粘液が混ざっていた
・便秘なのに体重が減っている

 

このような症状があるときは、単なる『便秘』ではなく、
何か重大なビョウキガ隠されている可能性もあります。

 

出来るだけ早く、病院へ行きましょう。

 

考えられる主な病気として、大腸がん、腸閉塞などがあります。

 

大腸がんなどが原因で腸管の通過障害=イレウスが起こり、
便秘になっていることもあります。

 

少しでも気になる症状があるときは、
恥ずかしがらずに病院へ行きましょう。

 

大人の場合は消化器内科や外科、子供の場合は小児科で良いと思います。
しかし、一般的な内科では便秘を重要なものと認識していないドクターもいます。

 

ですから、便秘で病院へ行くのなら
『便秘外来』のある病院を探すと良いでしょう。

 

インターネットで検索すれば、
お住まいの近くで便秘外来のある病院がすぐに見つかりますよ。


便秘に効果的な「乳酸菌」「オリゴ糖」は?

口コミで人気の便秘解消サプリメントランキング!