生理前や生理中、便秘になりがちな女性が多い理由

女性の場合、月経周期によって身体には様々な影響が現れます。

 

特に排卵日から生理が来るまでの間は、
いろいろな不調が現れやすい時期です。

 

この時期を『黄体期』と言い、
生理前症候群(=PMS)の症状が出やすい時期でもあります。

 

PMSの症状には個人差がありますが、むくみや肌荒れ、
便秘などは経験したことのある人も多いのではないでしょうか。

 

なぜ、生理前や生理中になると便秘になってしまうのでしょうか。

 

それは、女性ホルモンの影響によるものです。

 

女性ホルモンには、卵胞ホルモン『エストロゲン』と、
黄体ホルモン『プロゲステロン』があります。

 

便秘と関係があるのは黄体ホルモンの方です。
黄体ホルモンは、これから来る生理に備えて水分を溜め込む働きがあります。

 

そのため便の水分が吸収されて固くなってしまうのです。

 

また、流産を防ぐために子宮筋の収縮を抑制するため、
腸のぜんどう運動も低下してしまうのです。

 

これらの働きによって、生理前や生理中は便秘になりやすいのです。
しかし、すべての女性が生理前に便秘になるわけではありません。

 

日頃から、便秘にならないように意識することが大切なのです。

 

適度な運動を心がける、良質な睡眠をしっかりとる、
和食中心の食生活にするなど、今からでも出来ることはたくさんありますよ。

 

規則正しい生活習慣は健康面からもとても良いことですから、
これをきっかけに改善していきたいですね。

 

食事の面では、特に朝食が大切です。

 

朝は副交感神経が働いていてリラックス状態になっていますから、
便意が来やすいと言われています。


便秘に効果的な「乳酸菌」「オリゴ糖」は?

口コミで人気の便秘解消サプリメントランキング!